2007年05月03日

本日のお客様

IMG_0740.jpg


本日もまた、犬のお客様が参りました顔(笑)


    IMG_0732h.jpg


Jさんですexclamation×2


犬旅のお仕事をさせて頂きつつ、実際にこういう交流が増すと
ドッグブームを実感できますし、嬉しいですね揺れるハート


で、今日はお出かけしてFudan・Cafeに。


       IMG_0742.jpg


今日のランチは、アサリと豚肉のパスタ・ナンプラー風味。
思ったよりナンプラーの香りは控えめでしたね。
濃い口だけど美味しかったです。


       IMG_0780.jpg


Jさん、グーさん、明日はどこに行くのかな?


*-*- maczu:Cafe -*-*
http://maczucafe.com
ブログ1 maczu:Cafe 
お茶や食の話。暮らしの中のひとコマの風景
泉美咲月 Satsuki・Izumi














ニックネーム 泉美咲月 at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

今度は草餅作り体験♪

せっかく春を満喫しにきたのだから、ついでに草餅作りをしちゃいましょ、と
ヨモギを摘んで、手作りの草餅講習会。


え〜、講師は竹の子堀り名人であり
草餅手作り友の会(実在していません)の我が母。


では、簡単に草餅作りのご説明をm(__)m


ヨモギは摘み、茹でて細かく切り、すり鉢でペースト状にします。
上新粉に熱湯で混ぜ、練りこんでいきます。


IMG_0649.jpg

IMG_0642.jpg


練りあがったら小さくちぎって蒸し器に。
蒸しあがったら、ヨモギと混ぜて、また捏ねます。


IMG_0657.jpg

IMG_0666.jpg

IMG_0677.jpg

IMG_0683.jpg


餅と合わせたくらいから、ヨモギの良い香りが。
ミサコさんに田中家の長女、次女もせっせと精をだし完成ぴかぴか(新しい)


IMG_0690.jpg


IMG_0703.jpgで、一番精を出した次女顔(笑)


IMG_0696.jpg


ずっと

草餅くれぇ〜犬(笑)

草餅くれぇ〜犬(笑)


   IMG_0692to.jpg


……と飛び跳ねていたジル1歳、春の午後の出来事……。



*-*- maczu:Cafe -*-*
http://maczucafe.com
ブログ1 maczu:Cafe 
お茶や食の話。暮らしの中のひとコマの風景
泉美咲月 Satsuki・Izumi


ニックネーム 泉美咲月 at 10:51| Comment(4) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

こっちがホントのレポ

今日はマジメに顔(イヒヒ)
29日の竹の子堀り体験のお話しです。


IMG_0520a.jpg


ジル&ハレがミカさんたちとやってきて
お庭で遊んだ後は、竹の子を堀りに行きました。
大人たちは、作業に集中すべく犬たちを繋ぎ
犬の生る木が完成(笑)。


4頭もいれば、その受け止め方もそれぞれ。
・なにをしてても楽しい菊ちゃん。
・なぜ繋がれているのか納得してないグーさん
・なにか貰えると思ってワクワク期待しているジル
・自然と一体化して気配を消してるハーレイ

そして、竹の子堀り初体験の連中4名は
これまた初めてのクワを持ち、ヨレヨレと振り上げます。


       IMG_0546.jpg

普段、マウス以上重いものを持たないミカさんが
額に汗して労働って貴重なショットじゃございません?


それを見つめる愛犬たち、なにやら不安そうにも見えますが顔(ペロッ)


IMG_0538.jpg


たぶん、一番、関心がないのがこの犬↓


       IMG_0531.jpg


一見、マイペース。
実はド緊張(爆)。


対照的なのは、菊さんで、普段ならばこうしたシチュエーションで
お留守番になるはずなんですが、参加できたのでご機嫌なんです。


       IMG_0529.jpg


ジル&ハレはノーリードで存分に遊ぶという体験は初めてだとかで。
そういえば、私、これまで室内の彼女たちしか撮影したことないし。


カメラを向けると、まぁ、自然が似合うことexclamation×2
まるで秘境にいる獣のようだわ顔(笑)


       IMG_0526.jpg


竹の間から差し込む陽を浴びて、ジルったら黒々と輝いてるし。
ハーレイはどこ行ってもヨワヨワだけど。


       IMG_0616.jpg


私ね、ハーレイを見る度に
「塩を振られた白菜」を思い出すんです顔(汗)


でね、いつも、つい、ちゃんとしたジル&ハレ
撮っちゃうんですけどね。
それって、ある意味捏造かな?って(笑)
だって、ホントはこんなだもん。たらーっ(汗)


       IMG_0555.jpg
                    実 像

拡大図↓


IMG_0555k.jpg


ねっ?
スゴイでしょ?
肉眼で見るとこのコたち、いつもこんなよ顔(笑)
ジル、目飛び出してるし(爆)。


竹の子もタップリ収穫し
ワンコたちも存分に遊ぶことが出来ました。


IMG_0620.jpg


まぁっ、この際巧い下手は置いといて……。
いつも、当然、室内。
机に向かい合わせで仕事しているメンバーと
予想外でしたが、自然の中で戯れることができました。
ロハスもなかなか、良いものでしょ?、ミカさんGood


*-*- maczu:Cafe -*-*
http://maczucafe.com
ブログ1 maczu:Cafe 
お茶や食の話。暮らしの中のひとコマの風景
泉美咲月 Satsuki・Izumi

ニックネーム 泉美咲月 at 10:19| Comment(6) | TrackBack(1) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

アニマルPらネット 「竹林に生息する野生犬の神秘」

ある山深い竹林に生息する、野生犬がいますexclamation×2


       IMG_0525.jpg


原型は、ミニチュアピンシャーであると推測されますが
すでに野生化し、特に黒犬は、この竹林に足を踏み入れる者を喰らうと
恐れられています。


       IMG_0635.jpg


また、一説によると黒犬は、現地では『ジル神』と呼ばれ
竹林深く埋められ封印された財宝を守る神の犬と崇められています。


そして、この犬のシモベとされる赤犬も生息しています。


       IMG_0613.jpg


弱弱しく震えているのは、寒さに弱い体質からだけでなく
ボスである狂犬の黒犬を恐れているからと観測されています。
このシモベの通称は、『パー』、『パー助』と呼ばれていることから
日本で飼育されていたペットの末裔、と研究家により発表されました。


調査によると、ジル神&パーのその祖先は
一般のペットであったとされています。
そもそも、東京・高円寺に在住したとみられる
田中ミカ(仮名)という女性デザイナーが、愛犬を
竹林に放置していった可能性が高く
野生犬の原型は、ペットであるといい事実に
多くの研究家と愛犬家の驚きと関心が寄せられています。


しかし、いまだこの2頭が捕らえられた事がない為、
数十年たった今でも、その飼い犬が生きながらえているのか、
それとも繁殖を繰り返した結果の子孫なのか、断言できない状況です。


以来、この竹林に足を踏み入れる者が戻ってきたという
ケースはごく希となり、二年前に政府の発令により危険地帯に指定。
林の入り口には、保安本部が設置され、立ち入りが禁止されています。


しかし、竹林すべてが閉鎖されている訳ではなく
誤って足を踏み入れる人や動物が後を絶たず
地域では不安の声が日増しに高まっているのが事実です。


そんな中、先日、その竹林に迷い込み恐怖を体験した
犬の1頭、グー(仮名)と接触することができました。

       IMG_0588.jpg
         涙とヨダレながらに恐怖を語るグーさん(3歳7ヶ月)


「ボクが野生犬に出会ってしまったのは、つい先日の事です。
ただ、そこは、UFOが出るとか、古井戸に住む妖怪がいるとか
さまざまな逸話がある場所だったので野生犬の話も、その都市伝説の
ひとつぐらいにしか思ってなかったですね。

ある朝、散歩の途中で、その野生犬に出会いました。
ジル…神、って呼ばれているんですか?
黒々とした毛並みで、野生の犬のようには見えませんでした。

踏み入ってすぐに、異様な気配を感じました。
すぐに引き返そうと思いましたが遅かったですね。
唸り声が聞こえてきました。
恐る恐るボクが振り向くと、黒い犬が白い歯を見せながら
“あそぼぉ〜”と呟いたのです。
それは、まるで地を這うよう声で……。

ピョンピョンとその場で何度も飛び上がり
“ジルタンと遊んでぇ〜。”とか
“白い犬は大好物なんです、テヘ”と叫んだり、笑ったりするのです。
吐く息からは、生臭いにおいがしました。
周りには、白骨化した人や動物の骨が散乱していて
それでボクはやっと、野生犬の話を思い出しました。

すぐに逃げたので、無傷で戻れましたが
あの日から怖くてヨダレと涙が止まりません。
いやぁ〜、もう、あの竹林には近寄りたくないですね」


日々、このような犠牲者が相次ぐため、政府は被害の拡大を恐れ
特殊部隊を新たに設置し、竹林の立ち入り禁止を強化する模様です。


そんな中、我々取材班は、野生犬2頭を近距離で撮影する事に成功しました。


       IMG_0604.jpg


       IMG_0629.jpg


世界的な注目を集めている、この野生犬の存在。
すでに研究は開始され、多くの成果が現れています。



我々は、ジル神&パーの神秘に迫るべく、
その研究の第一人者と呼ばれているミサコ・フローレンス氏(仮名)に
インタビューを試みました。

以下、ミサコ・フローレンス氏談

       IMG_0554.jpg
         写真・ジル神とパーの研究家、ミサコ氏
       日々、現地の土や竹の子を採取し、研究に取り組んでいる。


「私は、この2頭にまつわる神話や生体に強く興味を持ち
研究を始めて20年になります。

その間、竹林で彼らと寝起きを共にするかのように居住して
見守ってきました。
私の人生は、ジル神&パーと共にあると言っても過言ではありません。

この土地は、2年前に閉鎖され
一度は研究を断念せねばならない状況を余儀なくされましたが
度重なる政府との交渉の末に居住許可が下り
今は彼らの観測と研究・調査に全力を注いでいます。

確かにいつジル神に襲われるかという恐怖はつきまとっています。
しかし、そうした危機を恐れていては、研究を成しえません。

長年に渡る研究の成果のひとつは、
2頭の主食である竹の子に秘密があるということです。

彼らは、春、その竹の子を食べ、残った竹の子を
土に埋め、保管し、食料にするという知恵を持っています。
また、その他の季節は、竹を齧り、時に竹林を訪れた人間を
狩猟し、動物たんぱく質を補給しています。

もし、この犬たちが日本生まれの「ジル」と「ハーレイ」で
あるとするのならば、2頭を長寿へと導いた竹の子に
なんらかの特殊な成分がある考えられます。

その成分は、当然、人間にも有効であると思われ
正確な分析結果が出れば、医学界にも大きな影響を及ぼすでしょう。
ここで採取した竹の子や竹、土などは、すでに東京大学に設置された
野生犬研究室に送り、分析を進めています。

また、どうしてこの2頭が「ジル」と「ハーレイ」であるかという
俗説が事実かといえば、過去『ピンシャー牧場』という
ブログが存在し、そこに綴られていた2頭のミニピンに
体系、性質・習性が酷似している事と、その飼い主であった
田中ミカと呼ばれるデザイナーがこの地を訪れ、密猟の末、
何者かの死体を埋め、その隠蔽の為に自らの愛犬を
置いていった、と原住民の証言と写真までもが残されていたからです。


IMG_0581.jpg 撮影された田中ミカと思しき人物


私はこれらの実証を強く信じ、命ある限り
この野生犬の研究に取り組んでいきたいと思っています」


以上、アニマルPらネット『犬のいる風景』取材班のレポートでした。


小鳥このレポートは、29日の竹の子堀り体験を元に
構成されたフィクションです。
登場する犬、人物、場所、現象は、実在しているような、
いないような(爆)小鳥


*-*- maczu:Cafe -*-*
http://maczucafe.com
ブログ1 maczu:Cafe 
お茶や食の話。暮らしの中のひとコマの風景
泉美咲月 Satsuki・Izumi
ニックネーム 泉美咲月 at 20:47| Comment(4) | TrackBack(2) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

優しいランチ

編集のミサコさんが打ち合わせ&竹の子掘り体験にやってきました。
到着はお昼時。
天気もいいので、お外でランチとシャレこみましょう。


       IMG_0488.jpg


名づけて『韓華(はんふぁあ)ランチ』顔(笑)
韓国と台湾料理ミックスです。


豆乳のお粥、アサリのエリンギのスープ、茶玉子、
ザーサイは、卵杏仁は台湾風。


チャンジャとグレープフルーツ&白髪ネギ&ベビーリーフのサラダ、
とうもろこし茶は、韓国風。
旬の竹の子煮をオマケに添えて。


味のタッチは優しく、身体にも優しくが、今日のメニューのコンセプト。
グーさん、すっかり自分も食べる気だし、菊さんは、テーブルの脇で
私たちの食事の風景を楽しげに眺めていました。


ゆっくりランチをして、室内でお茶を……と過ごしていたら、
雷と共に夕立がexclamation×2
ランチタイムのタイミングが良かったねGood


雨上がりの散歩は、空気が澄んでいい気分。
雫に濡れた麦の穂が静かに揺れて、見守ってくれました。


       IMG_0496.jpg


小鳥予告小鳥 明日29日は、ピン牧ファミリーがやってきます顔(なに〜)
どうするexclamation×2 グーさんあせあせ(飛び散る汗)



*-*- maczu:Cafe -*-*
http://maczucafe.com
ブログ1 maczu:Cafe 
お茶や食の話。暮らしの中のひとコマの風景
泉美咲月 Satsuki・Izumi

ニックネーム 泉美咲月 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(4) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

その微笑は……。

一見、気取っているグーさんが
実は、味のあるキャラだと、皆さん、すでにお気づきかと思いますが
グーさん、こんな顔もします顔(イヒヒ)


       IMG_0390.jpg


なんでしょexclamation&question
なにやら、この不敵な笑みは顔(え〜ん)


グーさんの視線の先には……。


IMG_0402.jpg


デコポン。


犬は、柑橘系が苦手なはず。
グーも最初は、そうだったんですが火がついたら止まらない。
無類のフルーツ好きは、デコポンだろうが
グレープフルーツだろうがお構いなし顔(笑)


糖分高すぎるから、量を控えめにあげているですけどね。
もう、その存在を認めただけで、こんなです↓


        IMG_0394.jpg


舌舐めずり黒ハート&ガン見ぴかぴか(新しい)&ヘラヘラ笑い犬(笑)


……というわけで
グーさん、ただいまデコポンに夢中です顔(汗)


*-*- maczu:Cafe -*-*
http://maczucafe.com
ブログ1 maczu:Cafe 
お茶や食の話。暮らしの中のひとコマの風景
泉美咲月 Satsuki・Izumi

ニックネーム 泉美咲月 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

竹の子生えた♪

丘を越え行こうよ〜るんるん


       01c.jpg


わが家の竹林に竹の子は生えたかな?
夕暮れ近くに時間が出来たので、グーと出かけてみました。


       02c.jpg


グーさん、まるで初めての来た場所のようなドングリ目で
あたりを見回していますわーい(嬉しい顔)


どれどれ、竹の子は?


03c.jpg


お! 生えてる生えてるるんるん


その年の気候に左右される竹の子の成長。
今年は少し、遅めですね。


       04c.jpg


足場が悪いし、地面近くに落ちた枝や草があるので
グーを一旦、繋ぐ事にしました。


少し離れると竹で見えなくなる林の中、
私たちの声はすれども姿がない犬(泣)
グーさん、不安だったんでしょうね。


戻ってみると……。


       05c.jpg



オスマシ顔に竹やぶのボケ感がいい写真なのに
ヨダレ、タラ〜ンたらーっ(汗)
もう、このコったら、緊張しぃなんだから顔(汗)


でも、竹の子には興味深々。


06c.jpg


取れたて竹の子はフレッシュで美味しい香りなのかな?
でも、食べちゃダメよ顔(汗)


*-*- maczu:Cafe -*-*
http://maczucafe.com
ブログ1 maczu:Cafe 
お茶や食の話。暮らしの中のひとコマの風景
泉美咲月 Satsuki・Izumi






ニックネーム 泉美咲月 at 19:30| Comment(6) | TrackBack(1) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

菊さんはカンガルー

        aa013.jpg


菊をお散歩させるのは一苦労顔(汗)
子どもの頃から引っ張り癖が治りません。
いや、これでもだいぶ良くなったかも。
でも、いまだカンガルーのように飛び跳ね、歩きます顔(え〜ん)


君は西川き○し師匠なの?って
語りかけたくなるくらい目をむき出して歩きます。
リードじゃ苦しかろ、とハーネスにしてみたりして
随分と改善できてきたのですが……。


まず、お庭ドッグランしてからじゃないと落ち着きません。
それでも、世間の犬並みには追いついていない。
グーは、木綿糸でも大丈夫なぐらい軽々歩くんだけどね〜。


ある日の菊さん。
カンガルーかと思ってたら、き、きつねexclamation&question


       aa014.jpg


余談ですが顔(ペロッ)
私が毎月エッセイを書かせて頂いている『きもの 英』さんで
夏物のきものを作ってもらいました。


絽の黒地の夏きものを粋に……、と思っていましたが
ステキな月のウサギの帯に一目惚れ。


IMG_0358.jpg


帯に合わせて薄いベージュの夏塩沢。


IMG_0359.jpg


この夏は涼しげにきものでお散歩exclamation&question
無理だ……。
菊じゃ、絶対無理顔(なに〜)


*-*- maczu:Cafe -*-*
http://maczucafe.com
ブログ1 maczu:Cafe 
お茶や食の話。暮らしの中のひとコマの風景
泉美咲月 Satsuki・Izumi


ニックネーム 泉美咲月 at 16:04| Comment(4) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

瞳孔開きっぱなし!

お散歩だよ〜るんるん


IMG_0329.jpg


午前中からどこ行くの〜、と嬉しそうなふたり。
菊ちゃんは引っ張り癖があるので、まずはお庭ドッグランで
ガス抜きしないとダメなんです顔(汗)
それもあまり意味がないほどで、散歩中の菊はカンガルーの如く……。


今日は小学校で狂犬病の予防注射&注射済票交付がありました。
グーは先日、病院で注射を済ませたから、交付票を貰うだけ。
菊は、車恐怖症なので、お散歩がてらに行けるご近所コースを選択。


小学校が近づくにつれ、同じような犬連れがどんどん増えていく。
犬見知りな菊&グー、どんどん遠い目を始めます顔(イヒヒ)
あら、グーさん、ヨ、ヨダレがたらーっ(汗)


IMG_0333.jpg


ただならぬ雰囲気に落ち着かないふたり。
落ち着かせつつかせようとお座りさせて、オヤツを出しても
食べようとしません。
グーに至っては、すっかり瞳孔が開いております顔(イヒヒ)


IMG_0334.jpg
見る見る増えてくワンコたち。でも、みんな緊張気味なんだな〜(笑)。


菊の注射もあっという間に済み、帰りは森を通って帰りましょう。


       IMG_0346.jpg


気分転換の早い菊は、すぐに笑顔。
一方、グーは……。


       IMG_0344.jpg


一辺に沢山のワンコに遭遇して、涙とヨダレで汚れたお顔に顔(イヒヒ)
あ〜あ。
胸毛まで濡れてますあせあせ(飛び散る汗)


       IMG_0353.jpg


帰り道にツクシやヨモギを見つけたし、白鷺も見ました。
ただいま、グーさん爆睡中。
私も早起き&お散歩でお昼寝したい気分眠い(睡眠)


そうそう!
皆さん、鑑札札とか狂犬病予防注射票ってどうしてます?
愛犬に付けるって義務がありますが、
グーほど小さいと、肩凝らない?とか思っちゃいますし
ジャラジャラと多いですよね。
名札(携帯電話番号入り)だけでいっぱいいっぱいです顔(汗)

自治体から交付されたプラスチックのケースはオシャレじゃないし。
ショップで鑑札札ケースも売ってますが、お宅のワンちゃんは
携帯してますか?


*-*- maczu:Cafe -*-*
http://maczucafe.com
ブログ1 maczu:Cafe 
お茶や食の話。暮らしの中のひとコマの風景
泉美咲月 Satsuki・Izumi

ニックネーム 泉美咲月 at 15:15| Comment(8) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

高円寺のカフェ

ピンシャー牧場で打ち合わせ話の続編です。
夕方、お腹が空いたし、ご飯食べながらお話ししましょうと
近所のカフェ『Planet3rd』へ。


       IMG_0310.jpg


ワンコが来てもいいよ、ってカフェで、ワンコ席は特定されてるとか。
大型犬はテラスなんだって。
グーは興味津々に行きかう人を眺めてます。
夜なのも手伝って、ここは大人のムードだねぇ顔(笑)


       IMG_0308.jpg
         ↑メニューを選びながら、呑む気満々の田中ミカ。


私はステーキサラダボールなる、ご飯モノとアイスティーと
シンプルな夕ご飯↓


       IMG_0321.jpg


Planet3rdは、ワンコへお水のサービスがありました。
お近くに行かれた際は愛犬と一緒にいかがでしょ?


*-*- maczu:Cafe -*-*
http://maczucafe.com
ブログ1 maczu:Cafe 
お茶や食の話。暮らしの中のひとコマの風景
泉美咲月 Satsuki・Izumi
ニックネーム 泉美咲月 at 12:47| Comment(6) | TrackBack(5) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする